パソコントラブルの解決屋さん

パソコンと周辺機器のトラブルを解決するための情報ブログ

パソコンが遅くなる原因とその対処方法

パソコンが遅くなる5つの原因

パソコンが遅くなる原因は?

「買ったときからすでに遅い…」「この頃パソコンが遅くなった気がする…」「以前より処理待ちの時間が多くなった…」「あまりにも遅くて買い替えを考えている…」などなど・・・。

パソコンが遅くなる原因にはいろいろありますが、原因の多くは以下の5つに絞られます。

  1. メモリの容量不足
  2. CPUの処理能力不足
  3. プログラムの暴走
  4. システムドライブの残量不足
  5. PCパーツの故障・不具合

以上ですが、それぞれに対処方法ついて以下で解説したいと思います。

1.メモリの容量不足

メモリ(メモリーとも呼ばれる)というのはプログラムやデータを一時的に読み込む記憶装置のことで、よく机(デスク)に例えられます。このメモリが小さいと同時に動かせるプログラムの数が少なくなり、記憶装置(HDDやSSDなど)へのアクセスが増えるため、その処理の分PCの動作が遅くなります。

<解決方法>

メモリを増やすことで解決することができますが、それができない低価格のPCもあるので、その場合は複数のアプリを同時に起動しないようにしたり、バックグラウンドで動いているプログラムや処理の数を減らすことで、メモリの使用量を抑えることができ、PCの大きな速度低下をある程度回避することができます。

2.CPUの処理能力不足

CPUというのは中央処理装置と呼ばれ、人間でいうところの「脳」にあたる重要な部品です。このCPUの処理能力(コア数、周波数、拡張機能などで決まる)が低いと、処理の待ち時間が多くなるためPCの動作が遅くなります。

<解決方法>

PCを最新モデルに買い換えたり、CPUをより処理能力の高いものに交換することで解決しますが、CPUの交換は「だれでも簡単にできる」というものではありませんので、自作パソコン用のパーツを売っているDIY系のPCショップで相談した方が良いでしょう。 

3.プログラムの暴走

最近ではあまり起こらなくなりましたが、まれにバグなどで暴走したプログラム(アプリやプロセス)がCPUに負荷をかけ続けることで、PCの動作が遅くなってしまう場合があります。

<解決方法>

この場合は「タスクマネージャー」で暴走しているプロセス(CPU使用率が異常に高い状態が続いているプログラム)を見つけてマウスで選択し、「タスクの終了」ボタンをクリックして強制終了すると解決します。

Windows タスクマネージャー画面
※タスクマネージャーでCPUの使用率を上げているアプリやプロセスを見つけてそのタスクを終了する。

4.システムドライブの残量不足

Windows が入っているシステムドライブ(通常はCドライブ)の空き容量が不足すると、PCが不安定になったり遅くなったりします。

<解決方法>

システムドライブをより容量の大きなものに交換する、不要なファイルを削除するなど、Windows が入っているシステムドライブ(通常はCドライブ)の空き容量を増やすことで解決します。

Windows 10 ドライブのプロパティ画面
Cドライブのプロパティ画面を表示して「ディスクのクリーンアップ」を実行するとCドライブの空き容量を増やすことができます。

5.PCパーツの故障・不具合

チリやホコリの蓄積や、冷却ファンの故障によるCPUの冷却不足や、HDDやSSDの異常、メモリの不調などもパソコンの動作が遅くなる原因になります。

nandemo-otasuke.hatenablog.com

<解決方法>

CPUの冷却不足が疑われる時は、ケースを開けてヒートシンクと冷却ファンの状態チェックをします。

HDDやSSD、メモリなど、PC本体やパーツに異常がないかを Windows 10の「デバイスマネージャー」で確認し、異常があった場合はそのパーツを修理するか交換しますが、マザーボードと呼ばれるメイン基板に固定されている部品は交換できませんので、その場合はマザーボードごと取り替えるしかありません。

Windows 10 デバイスマネージャー画面
Windows 10 の「デバイスマネージャー」でどのパーツに異常があるのかを確認できます。異常があるパーツには黄色か赤色の目印が付くのですぐにわかります。

タスクバーを右クリックすると表示されるメニュー
デバイスマネージャー画面はタスクバーを右クリックすると表示されるメニューから「デバイスマネージャー」を選択して表示します。

備考・その他

パソコンの平均寿命は5~6年くらいだといわれていますが、使用頻度が高ければもっと短くなり、使用頻度が低ければそれだけ長くなります。

ただ、できるだけ無理に使用頻度を低くして10年くらい使い続けようとしてもそれは難しいかもしれません。なぜなら、5~6年を超えると経年劣化で部品が故障したり、処理能力そのものが新しい Windows やアプリに対応できなくなるからです。

ですので、パソコンの寿命はどんなに長くても7~8年が限界だと考えた方が良いでしょう。

END

Amazon

エレコム ノートPCスタンド